「レイジングループ」公式ページ更新!! 第2回目はゲームシステムが明らかに!

feature_b

あ、「物語上の設定のネタバレ」ではありませんからご安心を!


ADVチームです。本日は「レイジングループ」公式WEBページの更新第2回目! 「Features」の項目が解禁されます!

 

features

画像かここをクリックでジャンプ!

見ましたか? 見ましたね? では今回もまとめてまいりましょう。

 


 

わかりやすく「システム」と書いたのですが、今回公開されるのは「Features」つまりゲームの特徴
「レイジングループという物語」ではなく、「レイジングループというゲーム」がどんなものかを記したつもりです。
必然、ゲームシステムがメイン情報となるわけですね。

ノベルゲームにシステムも何もあるかって方もおられましょうが、そこはD.M.L.C.の警告灯システムなどギリギリのところでゲームっぽさを確保してきた当社ADVチームのこと。今回もきっちり工夫をしております。

その詳細は……

  • 人狼ゲーム「黄泉忌みの宴」を実際に行っている場面のスクリーンショット

  • キャラクターの真意を探る心理戦と、怪奇に挑む謎解きをメインとする方向性

  • 「KEY」の存在と、見慣れない選択肢のアイコン

  • 「シナリオチャート」の搭載!!

 

16名のキャラクターが車座になって「宴」に臨む様は、PVでもこっそり出ていましたね。
このダークかつ妖しい雰囲気のなかで、彼らは処刑にかける者を誰にするか話し合いをするわけです。
オフラインで「タブラの狼」あたりをプレイされた皆さんにはおなじみかもしれない光景。その緊張感に心がざわつきだす人狼マスターたちもおられるかもしれません。
「黄泉忌みの宴」中、このグラフィックを多く見ることになるでしょう──もちろんその時、画面にいるのは生き残ってる人だけです。

さらに、ゲームのストーリーが「怪奇」一辺倒でも「デスゲーム」一辺倒でもない、両輪で進んでいくことが示唆されていますね!
先行公開された「STORY」とも合わせれば、「生き残ってすべての謎を解く」ことがゲームの最終目標になることが明らかです。
ヘビーに思いますか? 大丈夫、それをサポートするシステムも紹介されています。

目玉システムその1・「KEY」!
謎の「死に戻り現象」を絶賛体験中の主人公・房石陽明くん。従来のADVだと死は単なるゲームオーバーでしたが、彼にとってはそれ以上のものになり得ます。
「死」と引き換えに手に入れる情報「KEY」により、鍵のかかった選択肢をアンロックして道を切り開く! それこそが「レイジングループ」における、手ごわい謎を切り崩す手段となります。
つまり、死ぬことは恐れなくてよいのです! ガンガン死んでKEYを集めましょう!

目玉システムその2・「シナリオチャート」
「ようやくか」と思ってる方もおられるかもしれませんね。お待たせしました!
本作においてすべての分岐パターンは樹上図のような「シナリオチャート」に記されています
新たな分岐に至るたびに樹上図は書き換えられ、それぞれのノード=チャプターが記録されていくのです。
シナリオチャート上に表示されたチャプターにはいつでも・どこでも・何度でもジャンプして読み直し・やり直しが可能。
書いてある通り、「もう選択肢ごとにセーブしなくてもよい」のです!!(もちろんセーブしていただいても問題ありませんけどね)
正直、ものすごく便利ですよ! デバッグもはかどるはかどる! まあこれを活用してもまだシナリオ量やら事件の複雑さやらで大変だったんですけどねデバッグ。

 

物語としてのがんばりを強調してきましたが、ゲームとしてもさらに頑張りました……頑張った頑張ったとばかり連呼しても空しいところですが、今回の頑張りはきっと報われるものだと信じております!

 

というわけで、次回更新は11/25日。もうそうなると発売直前ですね。指折り数えて待つことにしましょう。わくわくどきどき……

関連記事

  1. 2016.08.10

    夏休み
  1. AAA 2015.11.20 8:48pm

    システムの情報ありがとうございます。
    アンロックされたチャプターを選んで、何度も読み直せるのはありがたいです!

  2. 人狼初心者 2015.11.20 12:32am

    チャート&ジャンプ機能良いですね!
    もうわざわざセーブしてバッドエンドの選択肢選ぶ必要がなくなる訳か
    不謹慎な言い方かも知れませんが、登場人物がどの様に散っていくのか、
    心のオアシス多恵ばあちゃんも犠牲になってしまうのか、楽しみに待ってます

  3. とくめい 2015.11.18 9:06pm

    ゲームブックとかだと既読パラグラフをチェックしちゃう派なのでチャート&ジャンプ機能嬉しいです。
    バッドエンドも埋めずにはいられない。
    「黄泉忌みの宴」における役職やシステムも気になりますが、うずうず公開を待ちます。

  4. ぴより 2015.11.18 6:29pm

    ゲームオーバーや死ぬ事が無駄じゃないっていいですね!
    私はよく選択肢を間違えて死ぬ人なのでそれもまたゲーム攻略の鍵となると嬉しいです。
    ゲームの配信を楽しみに待ってます!

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください