きょうのADVチーム/やりかったゲーム

amphibianです

前回の記事から2日しか空いてないし

文章確認をしてもらうチャンスを逸したので

無難な内容で書いておきます

 

amphibianんちには昔 教育方針にもとづきゲーム機がなくてですね

友達がスーパー武闘伝やらマリオカートやらやらせてくれるのを ただ享受するだけでした

Mくん本当にありがとう

amphibianらに許されたのは 当時からして既に旧式化していたPC9801EXを遊びたおすくらいで

これはこれで楽しかったし 現在の創作の根底には明らかにこの辺でマイナーなフリーソフトを遊ばせてもらったことがあるのですが

当時はネットもなく ショップも遠く 小遣いは月700円

とにかくゲームを手に入れる手段も遊ぶ手段もなかったのです

だからゲームに求めるものは 多少複雑でも難解でもいいから ゲーム要素が多くて長く遊べるやつでした

その点で「スペースローグ」はとても良かったのですが それはともかく

 

いちばん最初に小説を書いたことには

当時雑誌(これも友達に読ませてもらった)で知った「アーマードコア」を「遊べない」という悔しさが根底にありました

 

どこかの段階で「ロボットを自由に組めるゲームがやりたい」という発想を抱いていたのだと思います

たぶん「獣神ローガス」とか「スペースローグ」とかでメカものの志向ができつつ さらなる自由度があればずっとずっと遊べると思ったのでしょう

「アーマードコア」はその発想にまさに刺さるもので でもプレステなんて買えるはずもなかった

ようやく触れるようになったWindowsPCで「メックウォリアー2 傭兵部隊」を遊びましたがコレジャナイ

悶々としていると 当時「電撃ゲーム小説大賞」という賞があって こんなのが遊びたいという理想のゲームを小説にしようみたいなコンセプトで

そういうのが許されるのか じゃあやろう ということで書き始めたのでした

等身大ロボットを組み上げてポストアポカリプス後の世界で傭兵稼業する話

 

まんまと「メックウォリアー2 傭兵部隊」に影響を受けてしまっている

 

当時の世界の狭さを思い出すと辛いです

今もあんまり変わってないような気もして辛いですが

一つ言えるのは「こんなに楽しい世界で遊びたいんだ!」というようなイメージや情動が

amphibianの場合は 作品を楽しくする原動力になっていて

これはきっと今後も変わらないのだろうな ということです

 

だからいそがしくても楽しいゲームやら小説やらマンガやらはやっていかないとダメなのです

 

勤労感謝の日にガチャを回してしまった正当化を完了しました

すみませんでした さらばです

関連記事

  1. 2018.08.10

    #ADVRADIO Vol.8
  1. みょんみょんみょん 2017.11.27 1:37am

    モチベのアップは大事ですからね!
    amphibianさんが新作作らないので私のモチベは下がりっぱなしですが!ですが!
    とにかく体調に気をつけて頑張ってください。新作待ってます。

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください