直撃!amphibian流女性キャラの創り方

20150227_bannar
ケムコADVにおいて、女性キャラクターは多くの役割を果たしている。
恋愛感情の対象となるのはもちろん、命を奪い合うような過激な立ち回りまで、その強烈な存在感でユーザーを惹きつけてきた。
このような独特なキャラクターはどのように生み出されたのだろうか?
特に男性であるamphibian氏はどうやって女性のキャラクターを深めていくのだろうか。
本ポータルは氏へ突撃インタビューを試みた。

 


な: えー、じゃあ、今日はインタビュー形式という事で……。ケムコADVは1人称の文が多いですが、amphibian氏はどうやって女性らしい文を作るんですか? 私としてはたまに「生々しいわ!」って突っ込みたくなるくらいなんですが(笑)

両: そういっていただけるとうれしいです 女性を書くときには特に その人がこれまでの人生において 性別というものにどう向き合ってきかを想像しながら書くようにしています

性というものは当然 人生に大きな影響を及ぼしているはずですよね 誰をどう好きになるとか 性に由来するどんな感情に振り回されてきたかとか
女性については特に 男性よりも多くの性別に由来する多くの身体的・精神的変化が多く (似たようなことをDMLCの亜須賀に言わせた気がしますが) それが大きく人生に影響していると考えていますので
まずそういった 女性という性に関する(できるだけ)正しい知識を調べつつ それを造形に反映するようにこころがけています

……ちなみにもっと露骨なことを言ってもいいのでしょうかッ

な: ‥ぞ、俗語でなければ?

両:かなり重視しているのは 月経に関することです 実際作中でも一部キャラクターについて露骨に出していますが こういったものは普段男性に対してほとんど開示されないもので しかし 女性という性別を描くには 割けてはならないことだと思っています

他にも 男性から見えない女性の生物的な特徴 イベント そういったものを正しく知ることが 正しい「女性」を描くことに繋がるのかなあと 思っています

な: なるほど、確かに肉体的な意味での差は明らかにありますよね。ちなみに内面的な部分で、amphibian氏の考え方自体が女性的だね、とか言われた事はありますか?

両: ……えーと うん あります 料理がすきとか 結婚願望がつよいとか そういうところが言われてるのだと思いますが
でも一方では じぶんは非常に男性的な部分ももってます 昔の恋愛のことを延々と忘れられないとか 場の主導権とかをとりたがるとか ゲームやオモチャが好きなのもそうだとおもいますし

基本的には 「女性っぽい」「男性っぽい」というのは 「元気キャラ」「クールキャラ」「ツンデレキャラ」的なキャラ付けど同じだとおもうんですよね もっとも原始的で単純なキャラ付け
そういうのは エンターテインメントで提示するのに分かりやすく咀嚼・消化し純化したキャラクター性です 現実のにんげんは もっと複雑で 不純物をいっぱい含んでいます amphibianもそうですが 例えば女性を描くときは 内面にある女性性をとりだして それを純化して 「女性というキャラ」を作り出している という気はしています

な: 自分の一部を切り出して反映していく……という理屈は分かる気がします。例えば、このキャラのここは俺に似てるんだよなー、みたいな具体例はありますか?(笑)

両: ……ぐぐぐ 女性でですよね
たとえば トガビトのみことがああいう展開になった「狂気っぽいもの」については 内面的なものを源泉にしているかもしれません

な: よければもう一声詳しく!

両: みことは実のところ狂人じゃなくて 「あとに引けなくなっただけ」というイメージでして
自己嫌悪や 両親への罪の呵責 それを挽回したい 無かったことにしたい といった気持ちから 「復讐しかない」と自分を追いつめてしまう そのために自分を意図的に 凶暴な選択へと駆り立てて 凶暴な人格を模そうとする そんな感じの姿勢です
結局のところ 人間というものはそうやって 後に引けなくなったがゆえに 取り返しのつかない事態を起こすものだと思っていて 自分にもそういう部分が 少なからずあります

こういうのを言うと怒られるかもしれませんが 「男性は理屈で 女性は感情で考える」みたいなことって言われますよね
みことの設定に関して言えば 理屈で考えれば とっとと問いただして誤解を解くべきなんですが それよりも感情を先行させて 「この相手を殺さなきゃならないんだ」「事実が何でも関係ないんだ」みたいな方向で自分を追いつめてしまう こういった部分は 自分の中に結構あって それを持ち出して 利用した気はします
逆に DMLCの景や鈴が 理屈がつかないと愛情すら理解できないという造形になっていて 理屈と感情はどちらに偏っても失敗すると考えてます なにしろ どっちもamphibianの中でしばしば失敗をもたらしてますからね……

な: なるほど。更にちなみに、男性キャラだとアイツに似てるな、というのはありますか?

両: ……男性キャラについては それぞれちょっとずつ似たところはある気がしますけども 和馬や景のめんどくさい部分は けっこう似ているかもしれないです あー 新作に出てくる いっとう気に食わないキャラは より似てるかもしれませんなー
……nabeさんはどー思いますか逆に

な: めんどくさい部分が似ている……ってのに同意したら怒られそうな気がしますけど、景や和馬の色々理屈をつけないと納得できない感じ、という意味で似てるのは分かります(笑)

両: ぐぐぐ やった! 自己分析は正しかった! ぐぐぐ

な: ……あと正直まじめっぽい口調に疲れてきたんですけど、ぶっちゃけ男性視点と女性視点書いてて楽しいのはどっちでしょう? あ、今まで書いてて楽しかったパート、でも

両: うっす うーんそれでいうと女性かなあ でも単に新鮮なだけかも これまで男性主人公ばっかだし
一度は 女性主人公もやってみたいなあ
……どーすかねそれ

な: いいかもしれないっすね。その場合やっぱり理屈好きの主人公になるのかな?

両: うーん 性格は理屈っぽい感じじゃないのを書きたいな でも最終的には理屈勝負にはなるかも?
そうならないようにスポコンとか純粋バトルとかやるって手もありますなー

な: 確かに、そもそもデスゲーム系は理屈を求める題材でしたねw もっとこう、戸次妹ちゃんが活躍できるような話を‥ っていうと企画会議みたいになってきましたな

両: ですなあ 既に2個先までやることが決まっているというのに
じゃあ このへんで?

な: あっ、なんか軽くばらしたw
終わりましょうかw

両: はいー ありがとうございましたー

 

 


な: (‥こう、メディアの人が訪ねてくる時のイメトレしてみました!みたいな感じで気恥ずかしくなってきたんすけどいいですかねコレ

両: (むしろそういう恥ずかしい企画ということでいいんじゃないだろうか あー早く取材こないかなあ

関連記事

  1. 2015.12.27 9:01am

    記事を読み返して、
    「新作のアイツにより似ている」の部分に、なるほどなるほど…と思いました
    最後で明かされるピーとか、理屈で説明できないものに対しての姿勢…とかですかね?

  2. 旅人 2015.03.08 8:27am

    私もみことは狂人ではない、と思っていました。
    『無名の断片』では何事もなく和馬と和解していますし、きっとプリズナーゲームの環境が精神を不安定にさせた故、あのような行動に走ったのかな……と感じてます。
    それに本当に狂人だったなら、和馬がみことに自分の事を語るあの場面でも、和馬の言葉になんて耳を貸さないとも思いますし。

    悲劇のヒロイン的な要素が強いからでしょうか……やはりみことはトガビトの中で一番好きなキャラなんですよね。
    個人的な願望ですが、彼女が幸せになるエピソードが是非見たいです。

  3. グラロイド 2015.02.28 3:35am

    取材が来るくらいケムコADVチームが人気になりますように(パチッパチッ)
    そしてWiiUにトガビト・DMLCに次ぐ作品が配信される事を祈ってます。
    前のセールでDMLCがランキング2位になった結果が響け…響け…!!

  4. あふふんさん 2015.02.27 8:45pm

    一作一作あそこまで緻密に作られると、大変でしょうし、どうか途中で心が折れて計画倒れにならないよう頑張ってください!
    頭の悪い意見だとは理解していますが、内容のある批評の来る内は人気のある証拠ですからね。

  5. やん 2015.02.27 7:32pm

    2個先というと、新作のつぎになにかあるのですね!!
    楽しみにします!笑

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください

作品一覧







日付から

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031