2018/04/01 平木場亜須賀(D.M.L.C.-デスマッチラブコメ-)の誕生日でした

amphibianです

エイプリルフールだったので亜須賀の誕生日でした

おめでとうございます

いつも記念日被りで割りを食っていましたが 今回はamphibianの多忙さに割を食ったのがほかに4人もいたので勘弁してもらいます

亜須賀について語るべきことはないので(ひどい)
正確にいえば今語るべきことがないので
エイプリルフールについてはなします

amphibianは 礼儀作法やしきたりや教養とよばれるものには 2種類あると思っています

  • 先人の知恵 合理性から生まれたノウハウ 社会上または科学上の利益を得られるもの
  • 先駆者が発揮した洒落や機知の劣化コピー

例えば箸の持ち方や 「●●箸」と呼ばれるタブーは 「こうすると持ちやすい」「こうすると見苦しい・ミスしやすい」といった合理性を多分に含んでいると思います

一方で複雑なテーブルマナーや茶道の所作の一つ一つなんかは こうすれば斬新だろうとか こうすればこういう意味を表現できて相手に感銘を与えられるだろうとか そういう発想で生まれた工夫を模倣することで 模倣者も洒落ていることにしよう みたいなもんじゃないかと思っています

個人的には 前者と後者を区別して認識すべきかと思っています
両方知識として知っていて再現できるに越したことはないとして
前者は「合理性」を含むのでライフツールとして活用できるものの
後者は単に他人にマウントとるための道具にしかならなかったりするので

エイプリルフールも 後者のくくりだと思っています
最初に「ウソをついていい日」を考えた人もすごいと思いますし
すごく高等なウソやしゃれたウソをつけた人もすごいと思います
さらに言えば 「1日だけのウソのためめちゃくちゃ手間暇とお金をかける」ことを最初に思い付いた人もすごいですが
昨今の手の込んだエイプリルフール企画の数々は ある意味その「手間暇とお金をかける」人のフォロワーではあるので
そこにどれだけ洒落や機知があるか というはなしです

とりあえず今年 機知のかけらもないエイプリルフールをやってしまったので
反省しつつ 以下に手間暇も金もかからない嘘で最大限の効果をあげられるか 考えていきたいです

「この日に嘘つかないなんてさむ~い」
「エイプリルフールの嘘になにムキになっちゃってんの~」
みたいに 他人に唾するための口実になり憎まれるようなイベントではなく
皆さんが普段使わないようなウィット脳・大喜利脳を活性化させるきっかけになるような日になればいいですね

亜須賀が白い目でみている気がするので以上です

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください

作品一覧







日付から

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930