2018/11/11 萩尾恵澪奈(トガビトノセンリツ)と鍋島周一郎(黒のコマンドメント)の誕生日でした

amphibianです
エレナの下の名前の漢字表記を忘れすぎて今日ようやく辞書登録しました

きのうはエレナと鍋島の誕生日でした おめでとうございました

「チャラそうに見えて実は」というのは非常にありふれた有効なキャラ造形なので
エレナは魅力的になりやすいと思われました
大変だったのは口調の設定でした
若者文化の先端にはキャッチアップするのも大変だし陳腐化も怖いのです
チョベリバとか言わすわけにもいかず 何らかの普遍性があるものを設定せねばと思って
「っス」「だるそう」「共感系」「オリジナルの流行語(キメキメ)」とかを設定しましたが
うまくいったのかいまだに不明です キメキメのオリジナリティーも怪しいし
もともと「人間不信」という設定でした
さほどきっちり運用しませんでしたが行動の根本が信義じゃなく不信なのは間違いないと思います
不信は自立性につながり作中では割と面白い動きを見せてくれました
トータルでは主人公の目的にさほど貢献したとは思えないにも関わらず割と人気をいただいているのは
このあたりがうまく作用して見えたことにくわえ かわいそう補正 さらにいえば
独特な立場で主人公に寄り添っていたことなんかが 要因かなと思いました

書いてて思いましたがamphibianの書く青春のサークルものって
一部嫌われ者がいていじめの様相を呈するやつじゃなく
全員仲が良くて 下手すると全部の異性(ときに同性)と友人ライン越えてもおかしくない
感情の度合が飽和した危険な状態 みたいなかんじじゃないかと思います
もちろんその中で多少の人間関係のこじれや気に入らない要素なんかもあるのですが
それは開始時点では顕在化してなくて だいたい誰かが一線超え始めたところから問題になります
「高いところから落とす」が多いパターンだったのだろうと思います
今後芸風を増やすにあたり気を付けてみましょう

鍋島くんはとくに説明不要なくらいおいしいキャラだと思います
やや特殊なのはあれだけ人間的感情を軽視しているのにゲーム好きというキャラ立てですね
わりとゲームにおける強敵プレイヤーキャラって相手の心理や感情までも掌中に入れて八方塞いでくる感じが多いきがするんですがどうでしょう
ゲームによっては感情がからむことなんて普通にあり得るわけで 実際それでアレされてるわけですが
ある意味その でっかすぎる隙が彼の魅力なのではないかと思います
読者サイドからも 彼はそれじゃ勝てんですよという局面は容易に見えるわけで
その上であんだけ頑張って活躍すれば愛らしくも見えるわみたいな

amphibianシナリオでは正面きって舌戦とか知力バトルとかはあんまりやってなかったのですが
黒コマの当該シーンのお手伝いした経験なんかは RLの暗黒のあの人とのバトルとかにも多少生きてるような気がします

今回はそんなかんじです
それでは

 

関連記事

  1. みょん 2018.11.23 10:17am

    2人とも誕生日おめでとう!
    エレナの若者言葉?好きですよ!
    一番のお気に入りはやっぱりキメキメですけど笑

  2. 匿名 2018.11.12 10:57pm

    2人とも誕生日おめでとう。

  3. NO NANE 2018.11.12 7:12pm

    お二人共、お誕生日、おめでとうございます。

    私はエレナちゃんの若者言葉といいますか、口調に違和感は全く抱きませんでした。

    頭脳戦なんかも見てみたいです。

    改めて、お誕生日、おめでとうございます。

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください

作品一覧







日付から

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930