2020/4/25 城本征史郎(トガビトノセンリツ)の誕生日です

amphibianです
前代未聞の2週間遅れとかかましてすみません
言い訳をすると忘れてたわけではなく テレワーク移行前後のバタバタとか諸事情でこのままバックレらんないかなという葛藤に2週間を費やしたうえ思い切れなかったという経緯でございます
言い訳になっていない
ともかくおめでとうございました
征史郎は人気キャラですが トガビトは顔が怖く腕っぷしが強い主人公がみんなからボコボコにいじられる(たまに七緒がやられる)という構造で人間関係をつくっており 征史郎はその構造における強者なのですよね
多分今はもう自分が そういう構造に面白さを感じにくくなってしまっているので そういう意味でも再生産が難しいキャラかなと感じます

なおトガビトは冷静に考えると
地雷女たちを意図的にピラミッド上位に配置して男性陣が尻に敷かれることで安定を保っている(これにより皆に頼られないと死にたくなる病気持ちの和馬も救済される)という非常に病的かつ悪意的な人間関係であって この辺を今の自分がデスゲーム抜きで扱った場合 ものすごく攻撃的な鬱コンテンツになりそうな気がします
もしかしたらこれはゼロ年代とか特定世代の創作物に類型があったりするかもしれないですが そのへん評論クラスタにお任せするとして
多分その構造を完全に理解したうえで管弦部が安定するように意図的に仕組んだのは征史郎だったと思うのですよね
だからやっぱりこいつは善人ではないと思う次第です
そんな彼も七緒の事情やらみことの気持ちやらは理解していなかったわけですが 理解していたらその上でもっと悪辣な構造設計を目指したかもしれません
なんてやつなんだ
そう思いつつ
世の中を安定させているのは少なからず性格悪いやつの非人間的なまでに合理的な思考のおかげでもあるのだろうな
などと
話のデカさに歯止めがかからなくなってきたところで
終わろうとおもいます
それでは

関連記事

  1. AAA 2020.05.11 8:57pm

    夕暮れ時の雪の中、エレナと征史郎が一緒に歩くifエピソードが好きです。
    エレナへの優しさは、征史郎の良心(後悔)も含まれていて、それが彼の人間的な部分として描かれていたのが良かったです。

    でも、彼がただのおちゃらけマッドサイエンティストだったなら、あのデスゲームでは1人で勝ちに行ったと思うので、その非人道的な勝負を(そしてそれが主人公達によって覆される物語を)見てみたかったとも思います。

  2. 匿名 2020.05.07 3:46pm

    征史郎くんは本当に良い性格してますね笑。大好きです!

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください