こわいはなし

horror

amphibianです
夏なのでこわいはなしをします
いちおうADVポータルなので かぶりものはよみびとバージョンにしてみましたが なんだかよくわからんきがしてなりません


視界の端にあるもの

 

 

 

 

突然ですが みなさんは周辺視野ってごぞんじですか

h1

にんげんの眼って 視野の中心にあるものがよくみえるようにできてます
ふだん生活していると あまり気づきづらいことですが 見ている中心にあるものはよく見えて 端にあるものはよく見えづらいはずです

h2

このあたりで一応かいせつしておきますが この模式図の真ん中にかかれているものはです いやポータル的ににしとこう です ついでにこの模式図は中心のガ以外はぼやけて見えづらくなってることをあらわしています 伝わるか心配でねんのため説明しました 真ん中以外もこんなにぼやけてねーよとお思いでしょうが模式図だっつってんだろーが amphibianのマウスさばきとツールづかいの下手さをご嘲笑ください

まあそんなことはいいんですよ

みなさんにききたいのですが 周辺視野のなかでなにか起きてるように見えることってありませんか

 


 

amphibianは 人の視線とかを感じることはないですが 視界の端の見えづらい部分で つねになにかが起きているようなきがします

ちらかった部屋の端のほうを ゴキブリがさっと横切ったような気がしたり

くらい夜道をあるいていて だれかがこっちへ近づいているような気がしたり

PCの画面の端っこに追いやったブラウザのさらにすみっこでチカチカしてるバナーが 「赤い部屋」みたいなホラーなものになってるような気がしたり

もちろんそこに視線をやれば ふつう何もおきてないわけですが そこに視線をむけたことでべつのぶぶんが周辺視野となり そこでなにがおきていても分からないことになります

人間は死角で進行している事象をおそれるものかと思います
その代表格は背後だとおもいますが 周辺視野は 見えるけど直視できないといういみで より特殊なゾーンなのかもしれないです

で 本題なんですが

3年くらいまえまで amphibianは 別の家に住んでいたんです

h2

この右側にかいてある建物がそれです
意外な伏線が回収されましたが話はまだ始まってもいません

出勤するにあたり 自転車にのって とうぜん 家のまえを通ってでるわけですが

その日amphibianは 通りがかりに ふと 建物のじぶんの部屋のあたりが 視界にはいりました

h3

なにか くろいものが みえたきがしました

 

べつに建物のシミだとか 室外機の影だとか いくらでもそうみえるものは 考えられましたし いつもいつも自分の部屋の外観をみているわけではないので なんでもないのだろうと思いました

最初はね

でも なにか嫌なかんじがしてしまいました

 

h3

見えないところで なにか起こっている
見えないところで なにかよくないことが起こっている
どうせ直視はできないけれど それはなにかの凶兆を確実に暗示している
あるいは直視してしまったときにその凶兆がまことの凶事へと変貌する

そのようなことを思ってしまったamphibianは その日 顔を背けて会社にいそぎました

帰り道 正面から視界に入ったじぶんの部屋には なんの黒い影もみえませんでした
amphibianはそのころには朝の感覚もわすれていて なんでもない気のせいだったんだなと納得していたのです

1ヵ月くらいしたころ またそれがみえました

h4

 

2度目だったせいか amphibianは無意識に注視してしまいました
周辺視野は ものすごく集中すれば なにがそこにあるか判別できてしまうことがあります
ものすごく集中する気がなくても したくない 見たくないと思うほど 体は逆に反応し それを見据えようとしたような気がします

くろいものは 思ったよりはっきりしていて おおきい気がしました

まばたき一つしたあと くろいものは消えていて amphibianはおそるおそる見上げてみましたが なにもみえませんでした

その1週間もしないあとだったとおもいます

ちょっと いやなことがありまして amphibianはべつのみちから とぼとぼ家にかえっていました

くろいもののことは完全にわすれていたし すっかり辺りはくらくなってたので ちょうどじぶんの部屋が視界の隅を横切る位置を通るまで なんの心の準備もしてなかったのですが

不意になにか 視界の端に なにかがある気がして

h5

それは まどから首をつっているひとのすがたにみえました

5分くらい 視線をいっさい動かせなかったんです
そのあいだ いくら別のものだと考えようとしても 視界の端のくろいものは ひとの姿にしか おもえませんでした

ひとつ気づいたのが そのくろいものはどうやら 自分のではなく となりの部屋からぶらさがっているようでした
そして いくら暗いとはいえ それはくろすぎました ということはリアルな死体ではありえないでしょう
しかし だからってそれが ひどく露骨なかたちをもって現れた凶兆である という思い込みは消えませんでした

ほかの事情もあったので そのしばらくあと 引っ越してしまいました
引っ越しは秋ごろだったので 逆算すると だいたい今くらいの季節のことだったとおもいます

それから1年2年たったころに たまたまその部屋の前あたりを通り過ぎた時 視界の端のほうで たくさんパトカーが建物のまわりにあつまって ブルーシートとかが張られているのを 見た気がします

みょうな納得感とともに 異常な恐怖心がわきあがってきて

必死に視界をそむけて その場を去りました


みなさんは 視界の端になにか見えたことはありますか

見えてしまったとき みなさんはどう対処しますか

直視しますか 目をそむけますか それとも視線を一切うごかさずに見極めようとしますか

たぶん正解はありません

凶兆は凶事にならないかぎり兆しにしかすぎない

兆しは数字にしかすぎないのに 論理的に隔たったその異界から 兆しに怯える人間をわらっている

そんなかんじがします

ところで先週の木曜日あたり いまの自室の前をふとみたとき
なにか くろいものが 見えた気がするのですが
こんどは どうすべきなのでしょうか?


はい おつかれさまでした!
いちおう もうしあげますと これは100パーセント作り話です
いや ちゃんといっておくと 視界の端になにか見えるのでは? という妄想から 「部屋から何かぶらさがってるのが見えたら怖いな」って想像したのは確かです
あと amphibianは周辺視野の視力そんなにつよくないのに いろいろ気にしてしまって そのせいでゴキブリ発見能力がわりと高い気がする というのも確かだったりします
だれもふこうになってませんので ご心配なきようおねがいします!
あと 周辺視野に存在しないものがみえまくるかた! 眼の病気かもなので 病院に相談だ!

こういうの あんまストックないのですが 思いついたらまたやるかもしれません

関連記事

  1. 常世名 2017.01.06 10:44pm

    実は…学生時代に奇妙な体験はしました
    そのマンションに移るまでは霊感とかまるでなかったのに、絶叫含む幻聴やら自殺勧める幻聴
    洗濯物干しにいっていきなり飛び降りたくなったり
    夜中にひったくりにあったのか女性の悲鳴が…
    でもマンション下のコンビニも近くの警察署もピクリともしない
    ひったくりなのに犯人の形跡全くなし
    等々で人間やめたくなったことはありました。
    あの頃の恐怖体験だけはもうしたくない
    という事は事実です

  2. とと 2016.08.07 7:25pm

    あまりの怖さに、勢い余って初投稿だよ、コンチキショー。マジで鳥肌がwケムコのadvは全部やってます。RPGもやりましたが、adv一本でいいよ。という心の声を残しつつ。

    視界の端というか、ちょっと違うんですけど、自分の直感は結構大事にしてます。結構色んな臨死体験何度かしたことがあって、夢の中で真っ暗な中永遠続く光の道を走って行くと気づいたら事故って病院だったり。まあ、その程度ですが。(オチハナク)
    新作期待しつつ、ポータルみてます。では。

  3. AAA 2016.08.06 7:37am

    面白かったです。
    ホラーは最初は端にいるヤツが、やがて真正面に表れるのが定番なので、どんな画像が出てくるかと↓で画面をゆっくりスクロールするくらいにはドキドキしました。
    因みにゴキブリなど、サッと動くものは視界の端の方が見つけやすいですね。

  4. Sara 2016.08.05 5:57pm

    一瞬本当にあった話なのかと思ってびっくりしました。創作でよかったです。
    ちなみに私は時折視界の端に誰かの気配を感じたりする事がよくありますが、その時は疲れてるのだと解釈して帰宅して休みます。大抵そういう時は、会社で残業中か、残業続きで疲労しているからです。
    視界の端に見える影=疲労のサインという何とも夢のない話です。なので、今回の話は少しワクワク?してしまいました。

HTMLタグはご利用いただけません。


※コメントは承認されるまで表示されません。ご了承ください。
投稿前に『サイトポリシー』もご確認ください

作品一覧(For Android&iOS)






日付から

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031